ストレス、メイク時間など無駄は一切なくなります。二重になって一切後悔ありません。

腫れぼったいまぶた、一重や奥二重などあなたの目元の悩みは?

重い一重まぶた、開眼の際に睫毛が内側入る

二重整形術を受ける決意に至ったきっかけ・エピソード

毎日のメイクはもちろんのこと、日常的にずっと目のことが気がかりだったため。例えば、雨の日や海に遊びに行った際に濡れないように。プールに行けない。表情がキツく暗く見える、写真写りが悪いなど。

どこのクリニックでどんな施術を受けた?費用はどのくらい?

和歌山県の元寺町クリニックにて、眼瞼下垂の治療として切開手術をして頂きました。瞼の中に糸を入れて、瞼を持ち上げるようにしてくれています。基本的には一生ものだと言われています。現在術後2年経過していますが問題ありません。瞼が目の内側に入ることで瞼を持ち上げていたため、目ばちこ(ものもらい)も頻繁に出来ていたことで、軽い眼瞼下垂と診断されました。治療となったため、保険適用が可能性となり、両目で3万円弱でした。

やっぱり受けてよかった!二重整形術をしてよかったことは?

表情が明るくなり、余計なメイクも不要となったため、周囲の方からも好評だったことが嬉しかったです。

ここが後悔!二重整形術を受けてもっとこうした方がよかった点は?

特にありません。周囲にも一切隠しておらず、ダウンタイムもほぼ苦労は無かったですし、二重幅も広いわけではありませんが、私の目に合った二重にしてもらえたと思います。

これから二重整形術を受けようと検討している方へアドバイス

ダウンタイムはほぼほぼ1ヶ月見ておくべきです。抜糸をすればメイクも可能になり、かなり目立ちにくくなりますが、それでも違和感は大きいです。外に出たり、友人に会うことに影響は無くても、例えば、接客業などをしていて、きっちり落ち着くまでの期間が気になる方は1ヶ月と思っておいて全然長くないです。また、二重になるともう一重には戻れません。切開か埋没かで迷っているなら切開をオススメします。